GRAPHITE DESIGN INC. THE 30TH ANNIVERSARY

技術をかさね、価値を作る。

コーポレートステートメント「技術をかさね、価値をつくる」は、
私たちグラファイトデザイン社の創業以来変わらぬ使命がベースになっています。
30周年を機に、私たちはこの強い想いを言葉として表現し、
企業姿勢として皆さまにお伝えてしていくことにしました。
カーボンを積層する技術を磨きつづけ、そこから生まれる新しい価値を追求していく。
そして、スポーツだけでなく、多彩なフィールドでカーボンの可能性を広げていきます。
これからのグラファイトデザインにご期待ください。

GREETING MOVIE

GRAPHITE DESIGN HISTORY

  • 1989年 (株)グラファイトデザイン設立
  • 1990年 埼玉県秩父市に本社工場を建設・操業開始
  • 1992年 業務拡大に伴い本社隣接地に第2工場を建設・操業開始
  • 1997年 業務拡大に伴い本社隣接地に第3工場を建設・操業開始
  • 1999年 ゴルフクラブ組立事業開始
  • 2001年 JASDAQ(ジャスダック)市場へ上場(12月19日)
  • 2002年 オリジナル自社ブランドシャフト『Tour ADシリーズ(I-65)』発表
  • 2003年 シンプルかつ効率よい振り抜きの『Tour AD W』発表
  • 2004年 トーナメント仕様のスピード感をもつ『Tour AD M』発表
    340ヤードのフィールドを持つグラファイトデザインテストセンター(秩父市下吉田)を開設
  • 2005年 先端剛性を高めブレを抑える『Tour AD PT』発表
  • 2006年 4軸シートのハジキ系長尺シャフト『Tour AD クアトロテック』発表
  • 2007年 先端に4軸シートを採用した『Tour AD クアトロテックMD』発表
  • 2008年 手元剛性を高め、インパクトではじく『Tour AD EV』発表
  • 2009年 しなり重視で厚いインパクトを生む『Tour AD DI』発表
  • 2010年 先端にマイルド感をもたせボールを包み込む『Tour AD DJ』発表
  • 2011年 先端から中間の剛性を高め、直進性をもつ『Tour AD BB』発表
  • 2012年 手元から先端への剛性を高め、一体感のあるしなりの『Tour AD GT』発表
  • 2013年 中間部の剛性を高め、両端のしなり戻りではじく『Tour AD MT』発表
  • 2014年 先端部と手元部の剛性をバランスよく、ハジキと安定したスピンを両立する『Tour AD MJ』発表
  • 2015年 グリップ下のしなりと先端部の剛性が、安定した弾道を実現する『Tour AD GP』発表
  • 2016年 中間部から先の走り感と先端部の高剛性が、ハジキと方向性を両立した『TOUR AD TP』発表
  • 2017年 グラファイトデザインテストセンターリニューアル
    創業の地を冠に配したグラファイトデザインNEWブランド『秩父』発表
    タイミングの取りやすい挙動とインパクトの強さを実現した『TOUR AD IZ』発表