Tour AD MJ

弾き系の新たなシャフト「TourAD MJ 」シリーズ登場!

【MJ-5】 先端部の弾きが理想的な高弾道を実現。

【MJ-6】 安心して強く振れるフィーリングと心地よい弾き感。

【MJ-7】 中間部の剛性を高め、弾きと粘りを両立したツアーシャフト。

【MJ-8】中間部の高剛性、両端のしなり戻りで弾きをコントロール。
先端部の弾きが理想的な高弾道を実現。このシャフトは、中間部の剛性を保ちながら、手元の剛性を高めたシャフトで、弾きと程よい粘りで暴れが少なく、叩いても左に行きにくい設計になっています。 低スピン化が進んでいる近年のクラブ、ボールとの組み合わせにより、高弾道、飛距離、コントロール性能の向上へ導きます。すでにツアープロの間では男女共に使用者が急増しており、その確かな性能が実証されています。

SPEC

※スクロールで表が閲覧できます。
モデル 重量(g) トルク(deg) Tip径/パラレル(mm) Butt径(mm) フレックス キックポイント 価格
MJ-5 53 4.7 8.50 / 75 15.15 R2 中調子 ¥40,000
(税抜)
R1
55 15.20 S
MJ-6 61 3.4 15.15 SR
62 15.20 S
64 15.25 X
MJ-7 71 3.2 15.25 S
72 15.30 X
MJ-8 83 2.8 15.25 S
84 15.30 X

  • 価格はメーカー希望小売価格+税です。
  • 先端径は未塗装時の値です。
  • シャフトのカット方法について1Wに使用する場合、基本的にチップカットの必要はありません。 またFW等への使用時はホーゼルへの挿入長+チップカットが、シャフト先端部のパラレル長を超えない範囲での硬さ調整を行ってください。
  • シャフト先端部へのパラレル長を超えたホーゼルへの挿入、シャフト先端部を塗装面以上削ってのホーゼルへの挿入は、シャフトの折損を招くおそれがございますのでご注意ください。
  • クラブ組み立て時、振動数測定時、グリップの交換時などにシャフトを強く締め付けすぎるとシャフト割れの原因となりますのでご注意ください。
  • 仕様は改良等の事情により予告なく変更する場合があります。

PAGE TOP